新潟大学理学部理学科 生物学プログラム

生き物の世界のなぞに挑む

ホーム > 学生生活について

学生生活について

アドバイザー教員や就職・進路指導教員が学生をがっちりサポートします。

 1年次は、スタディースキルズやアクティブラーニングを通して、まず大学での学び方を身につけます。また、1年次は、専門にとらわれることなく、全学・学部共通教育により幅広い知識を身につけます。2年次2学期には、7つのプログラム(数学、物理学、化学、生物学、地質科学、自然環境科学、フィールド科学人材育成)から自分の専門分野を選択します。年次が進行するに従い、各プログラムの講義や実習が増えます。4年生になると、学びの集大成として各教員の研究室に所属して卒業研究を行います。卒業研究発表会では、1年間の研究の成果を発表します。

 生物学プログラムでは、多様な講義や実習を用意しているため、生物学を幅広く基礎から最先端まで学ぶことができます。また、生物学プログラムでは、新入生歓迎会や夏の懇親会などの行事を毎年行っています。これらの会を通して学生と教員の親睦が深まり、学生をがっちりサポートする体制ができあがります。

ページのトップへ戻る